犬の耳(聴覚)は優秀なの?犬の聴覚について。注意点など。

本記事のご紹介(by ハピわん!)

犬の嗅覚が優れていることは有名ですが、他の部分はどうでしょうか?
例えば、聴覚もその一つですが、犬の聴覚は果たして優れているのでしょうか。
今回は、犬の聴覚についてお送りします。

犬の聴覚は優れているの?

犬は人間よりもはるかに優れた聴覚を持っています。
犬の耳は、周波数帯域が広く、人間が聞き取れない高周波音も聞くことができます。犬の耳は外側に向いてついているため、左右独立して音を聞くことができます。また犬は、遠くの音や、低い音、特定の音に敏感に反応することができます。

犬の耳(聴覚)は優れています


犬の聴覚は、彼らが生活する上で非常に重要な役割を果たしています。
例えば、野生の犬の場合、獲物を見つけることが必要です。そのため、獲物の匂いだけでなく、獲物が発する音や動きにも反応する必要があります。

人間と犬の聴覚は異なるため、中には、犬が聞こえる音のうち、人間にとっては全く聞こえない音もあります。
例えば、人間には聞こえない超音波があるが、犬には聞こえるため、犬を訓練する際に超音波を使うことがあります。「犬笛」などといった道具もこの性質を利用した一例になります。

犬の聴覚の能力を理解することは、犬とのコミュニケーションや訓練に役立ちます。犬を飼う際には、犬の聴覚についても理解し、犬が快適に暮らせる環境を作ることが大切になってくるでしょう。

犬が聴覚を生かしてできること

犬の聴覚はとても優れており、遠くからの音を聞き取ることができます。

例えば、前述の通り、野生の犬が獲物を見つけるためには、獲物の音を聞き分けて動きをつかむことが必要です。犬の聴覚は生存する上でも非常に重要な役割を果たしているのです。
また、家庭のペット犬の場合、家族を守るために異常な音を聞き分けることもできます。犬は、人間が聞き取れない高周波音も聞き分けることができるため、犬が異常な音を聞くと、飼い主に知らせる行動をとることがあります。

犬の聴覚の能力を理解することは、犬とのコミュニケーションや訓練に役立ちます。犬を飼う際には、犬の聴覚についても理解し、犬が快適に暮らせる環境を作ることが大切です。

聴覚が特に優れた犬の種類は?

犬種によって聴覚の能力には大きな差があるため、犬を飼う際には、その犬種の聴覚特性を理解することが大切です。例えば、シベリアン・ハスキーやシェパードなどの犬種は、遠くの音を聞き分けることができます。これらの犬種は、警察犬や捜索救助犬として活躍しています。
一方で、バセット・ハウンドやフレンチ・ブルドッグなどの犬種は、聴覚に優れているわけではありません。

シベリアン・ハスキーも聴覚に優れた犬種の一つです


犬の聴覚については、人間よりも優れていますが、中には聴覚過敏に悩む犬もいます。
犬の聴覚には、聴覚過敏という問題もあります。聴覚過敏とは、犬が環境音や異音に過剰に反応する症状のことで、これらによりストレスを感じてしまうことがあります。この症状を抱える犬には、特別なトレーニングや治療法があります。

犬の聴覚は、犬とのコミュニケーションや訓練だけでなく、犬の健康管理にも重要な役割を果たしています。犬を飼う際には、犬種ごとの聴覚の特徴を知り、犬が快適に暮らせる環境を整えることが大切です。特に、聴覚過敏症の犬には、環境を整えることでストレスを軽減してあげることが必要なため、注意が必要です。

犬の耳が悪くならないように注意することは?

犬の耳を健康に保つようにするには、定期的に耳掃除を行い、耳の中に異物が入らないように注意することが重要です。また、犬種ごとの聴覚特性を理解し、環境を整えてあげることも大切です。

耳掃除は、耳垢や汚れを取り除くことで、耳の健康を保つために重要です。定期的に耳掃除を行うことで、犬の耳を清潔に保ち、耳の病気や感染症を予防することができるでしょう。耳掃除を行う際には、専用の耳掃除用の薬剤などを使用し、ゆっくりと丁寧に行いましょう。
犬が遊ぶ場所や環境にも注意することが大切です。異物が耳の中に入らないように、犬が遊ぶ場所には注意が必要です。
例えば、草むらや土の中には、耳に入り込んでしまうような小さな種子やゴミが存在することがあります。また、耳の中に水が入ることもありますので、水遊びをする際には、耳をしっかりと乾かすことが大切です。

犬の耳掃除は普段大切なことの一つです


外出時には、耳をカバーすることも有効です。また、犬が騒音が大きい場所に行く際には、イヤーマフを使用することもあります。
そして、犬種ごとに聴覚特性が異なるため、犬の聴覚に合った環境を整えることが大切です。例えば、聴覚過敏の犬には、静かな場所に避難することが必要になる場面もあります。

以上のようなことに注意することで、犬の耳を健康に保ち、聴覚を損なうことを予防することができます。
犬の耳の健康を保つことは、犬の健康管理において重要なポイントの一つです。犬を飼う際には、いろいろな面で犬の健康について十分に理解し、犬が快適に暮らせる環境を整えることが大切なのです。

オススメのほかの記事

【犬の病気・上半身付随】フレブルこち闘病記:シーズン2>パート1(通算シリーズ パート5)

【犬の病気・上半身付随】フレブルこち闘病記:シーズン2>パート1(通算シリーズ パート5)

1度ならず2度も椎間板ヘルニアで倒れたこち。 その後、平和な生活を送っていましたが、突然の悲劇に襲われます。 通算シリーズでパート5となる今回のお話を皮切りに、全4話シリーズとなります。

【迷子犬・迷い犬】探し主さまからの解決レポート:レタラくん編

【迷子犬・迷い犬】探し主さまからの解決レポート:レタラくん編

当サイトにてお手伝いさせて頂き解決された方の事後レポートになります。 ※本文は、寄稿いただいた方の原文をハピわん!にて最低限の校正をし掲載しております。 ◆ケース概要 ・寄稿主さま:迷子犬を探していた飼い主さま(ハピわん!迷子犬センターご利用) ・進捗:2021/6/18無事に解決済み(捜索期間:12日間) ・解決決め手:飼い主様たちや警察により保護 【ハピわん!迷子犬センター 詳細ページ】本記事はこちらのケースです

【犬の頚椎ヘルニア】フレブルこち闘病記:シーズン2>パート3(通算シリーズ パート7)

【犬の頚椎ヘルニア】フレブルこち闘病記:シーズン2>パート3(通算シリーズ パート7)

前回の精密検査の結果、頚椎ヘルニアと診断されたこち。 選択肢がどれも命さえ危ういという状態の中、どんな選択肢でどう事態が進んでいったのか。 急展開の本話になります。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます(URLリンク・キャプチャ・SNS共有などはご自由にお使いください)。
また、当サイトの記事は、実際の体験や専門家の知識を基に構成しており、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、情報が古くなっていたり誤解を与える表現が混在する場合もございます。
記事内容によって生じた何らかのトラブル・損失・損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。