【迷子犬・迷い犬】SNSでの拡散方法:探し主さま版

本記事のご紹介(by ハピわん!)

愛犬が迷子になってしまった際の有効な手段の一つとして、SNSに投稿し、他の方々に広く拡散してもらい、多くの人の目にとまることで、目撃情報を集めやすくなることが挙げられます。
そこで、迷子犬をお探しの方向けに、取り急ぎSNSで実施しておいたほうが良いことを本稿でまとめております。


※【参考】他の手段も含めたまとめ他記事:
【迷子犬・迷い犬】愛犬が迷子になってしまった!まずやるべきことのまとめ

SNSへ投稿する①【基本編】

まずは愛犬が迷子になったことを投稿し、多くの方々へご協力を呼びかけましょう。
投稿の際は以下の情報を載せるようにすると、必要な情報が伝わりやすいです。


◆載せたほうが良い情報

・写真:全身の見た目がわかるものはまず必須。できればなるべく直近の写真にしましょう。
また、数枚載せられるようであれば、角度変えたものを何枚か・首輪やハーネスなどの装着物があればそれを装着しているものがあるとベターです(もしくは、その品の見た目がわかるもの)。

・失踪場所の詳細:付近の方に目に留まりやすくするためと、県外の方も含めてインターネットなどで手がかりになりそうな情報を見た方が情報を寄せやすいように、県名から載せましょう。
また、失踪直後は、少なくとも付近にいるケースが多いため、住所も可能な範囲で詳しく載せましょう。
その際に、住所でパッとわかりにくいこともあるため、わかりやすい建物やお店が近くにあれば、そういったものも記載しましょう。

・見た目:首輪やハーネスなどの装着物の有無・それの特徴。被毛の色。体格・体の大きさなど

・届け出済みの公的機関の有無:警察や保健所など、届け出済みの機関がありましたら、それも記載しましょう。
お探しのワンちゃんを保護して頂いた方がいた際に、その機関へ連携してもらうこともできます。

・その他参考:性別、年齢なども載せれば、より詳しい情報となります。

SNSへ投稿する①【基本編】の画像

SNSへ投稿する②【付随作業編】

◆タグ付け
ハッシュタグは多くの人に見てもらうために、必ず本文中へ付けましょう。

具体的には次のようなハッシュタグがおススメです。
#迷子犬 #迷い犬 #拡散希望 #〇〇県などの地域名 #ハピわん

また、投稿後には必ず、ハッシュタグが作動していることを確認しましょう


◆ユーザーネーム
SNSの仕様によりますが、ユーザーネームの表示設定が適宜変更できるようであれば、迷子犬を探していることがわかりやすいようなユーザー名に一時的に変更しましょう。

・例:『〇〇県〇〇市で迷子犬探しています』など

SNSへ投稿する③【Twitter小技編】

Twitterは特に拡散しやすいツールの一つであることは間違いありません。
ここでは、Twitterで投稿(ツイート)する際に実施したほうが良いことを挙げます。


◆固定ツイート
投稿が完了したら、『固定ツイート』へ設定しておきましょう。
具体的には画像の通りとなります

◆DM(ダイレクトメッセージ)を解放
情報を寄せて頂く方が連絡しやすいように、DM(ダイレクトメッセージ)はフォローしている・していない関係なく誰でも送れるようにしておきましょう。

【設定の仕方】 
メニュー→「設定とプライバシー」→「プライバシーとセキュリティ」→「ダイレクトメッセージ」→「すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する」にチェックを付ける。
SNSへ投稿する③【Twitter小技編】の画像

SNSへの投稿完了後【ハピわん!への連携】

SNSへのご投稿が完了されたあと、是非お勧めしたいのが当サイト『ハピわん!迷子犬センター』へのご投稿です。
サイトへご投稿頂くだけで、以下のメリットがあります。また、無料でご利用可能です。

・サイト内にて付近のお住まいの愛犬家の方々へ掲示
・SNSにて非常に多くの方々へ拡散
・ポスター・チラシの自動生成・PDFダウンロード


ご投稿方法など、詳しくはこちらのリンク先ページの上段部分『【重要】迷子犬をお探しの方・保護された方へ』をご参照ください。
SNSへの投稿完了後【ハピわん!への連携】の画像

無事に解決した際にやること

無事に愛犬が見つかり解決した際には、以下のことを行いましょう。

◆SNSでご報告

ご協力してくれた皆様へ解決のご報告とともに、次のことを実施しましょう。

・投稿は数日のうちに削除する:SNSの習性として、そのまま迷子情報を載せ続けていると拡散され続けてしまうため、一定期間後に削除することが必要です。

・ユーザー名でも報告:前項にもありましたユーザー名を「探してます」のように変更する事の解決版とでもいう動きになります。

例:『〇〇(地域名)の迷子犬見つかりました。ありがとうございました』など


◆ハピわん!の案件クローズ

ハピわん!へご投稿して頂いていた場合、案件を解決済みとしてクローズして頂くこと必要になります。

【方法】:
①ご投稿した情報ページの上部『編集する』を押す
②プルダウンを選択
③自由記載欄にて、見つかった経緯やお礼などを記載頂くと、他の方の参考やご協力して頂いた方々へのメッセージになります。

※解決済みへの変更完了後は、ハピわん!からも解決の旨を周知させていただきます。
無事に解決した際にやることの画像

オススメのほかの記事

【犬の半身不随:MRI・CT検査】フレブルこち闘病記:シーズン2>パート2(通算シリーズ パート6)

【犬の半身不随:MRI・CT検査】フレブルこち闘病記:シーズン2>パート2(通算シリーズ パート6)

前回、突然の半身不随状態に陥ったフレンチブルドッグのこち。 MRI検査が決定し、その結果もどうなるのでしょうか。 闘病記の続きとなります。

【迷子犬・迷い犬】探し主さまからの事後レポート:ゲンくん編

【迷子犬・迷い犬】探し主さまからの事後レポート:ゲンくん編

当サイトにてお手伝いさせて頂いた方の事後レポートになります。 ※本文は、寄稿いただいた方の原文を編集し掲載しております。 ◆ケース概要 ・寄稿主さま:迷子犬を探していた飼い主さま ・進捗:2021/5/11無事に解決済み 【迷子犬センター詳細ページ】本記事はこちらのケースです

犬に服を着せることは有効? 犬服のメリット、選ぶ時のポイントなど。

犬に服を着せることは有効? 犬服のメリット、選ぶ時のポイントなど。

犬に日常的に服を着せている人は珍しくありません。 今回の本稿では、そういった犬に服を着せることについてがテーマになりますが、メリットなどもご紹介しています。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます(URLリンク・キャプチャ・SNS共有などはご自由にお使いください)。
また、当サイトの記事は、実際の体験や専門家の知識を基に構成しており、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、情報が古くなっていたり誤解を与える表現が混在する場合もございます。
記事内容によって生じた何らかのトラブル・損失・損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。